ご挨拶

日本災害医療薬剤師学会 シンポジウム 大会長ご挨拶

 日本災害医療薬剤師学会は、災害医療現場における薬剤師業務の学問的な基盤を支える災害医療薬学分野の確立・充実の必要性を背景に、2006年4月に設立した学会です。災害時医療支援において薬剤師がそれぞれの場所、立ち位置、組織で能力を発揮するために素養を磨くことを目的としております。
 さて、この度、日本災害医療薬剤師学会 シンポジウム 大会長として推挙され、2019年1月20日(日)、大森赤十字病院 講堂に於いて、日本災害医療薬剤師学会 シンポジウム(テーマ:災害医療支援ー知識の習得から実践に)を開催する運びとなりました。 
 当学会は設立以来、災害医療支援に必要な必須知識を習得する目的で災害医療支援薬剤師コースを立ち上げ、研修会、学術大会を通し災害医療支援について過去の災害から会員と共に多くを学んできました。 今年度は、大阪府北部地震災害、西日本豪雨災害など、度重なる国内の自然災害において当学会員も被災地で様々な医療支援活動をしてまいりました。それらの活動報告会を兼ねたシンポジウムとなります。実際の活動報告から情報を共有し、災害医療の今後の発展のために、議論を重ねたいと考えます。是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日本災害医療薬剤師学会 シンポジウム     
         大会長 加藤 あゆみ     
(日本医科大学付属病院 薬剤部)